はりきゅうQ&A

患者様からいただいたご質門を掲載しています。
質問文をクリックして回答をご覧ください。

治療・鍼灸について

はりの衛生管理はどのようにされていますか?
当治療室では、すべてのはりが使い捨てになっています。患者様に使う時に新品のはりを出して治療に入ります。頭に敷くタオルやうつ伏せになった時にはフェイスカバーを使用しています。こちらも使い捨てなのでご安心ください。
はりやお灸は痛くて熱いのでしょうか?
はりは、髪の毛ほどの細いはりを使います。また、お身体の表面を流れる『気』を扱いますので、深くはりが身体に入ることはなく、痛みはほとんど感じません。みなさん最初は緊張していますが、「今、はりをしましたよ」と言うと「え?今?感じなかった。」という方ばかりです。気持ち良くて寝てしまう方もいらっしゃいます。
お灸も、ほんわか温かいので非常に気持ち良く、眠ってしまうくらいです。皮膚にもぐさを置いてすえるお灸もありますが、皮膚に当たる前に火を消します。やけどをするといったことは一切、ありません。
治療前の食事はしても良いでしょうか?
治療の前に食事をすると脈に大きく現れます。そうすると、本来の脈が見にくくなりますので、30分以上はおいていただけると良いと思います。治療後は、刺激のある食事でなければ食べていただいて構いません。
治療前に気を付けなければいけないことはありますか?
治療前は、お酒を飲まないことです。ものすごく激しい運動をしてくるようなことはないと思いますが、お酒を飲んだりサウナに長時間入った後での治療は本来の脈が見にくくなりますので避けてください。
治療後に気を付けることはありますか?
気を整えた後ですので、いくつか気を付けていただきたいことがあります。
・激しい運動は避けてください。
・治療直後の長時間のサウナや長時間の熱いお風呂は避けてください。
・刺激のある食事、過食は避けてください。
・お酒や、冷たいものはできるだけ控えてください。
・治療当日は、早めに休みましょう。
いろんな薬を飲んでいるけど大丈夫?
はい。大丈夫です。例えば、血液をサラサラにするお薬を飲んでいても問題ありません。当治療室でははりを深く刺したり、血液が外に流れてしまう様な治療はしていません。また、精神薬を飲んでいても問題はありません。風邪薬や痛みどめなど飲んでいた場合はいらっしゃった時に教えてください。
すぐに効果はあるの?
個人差がありますので、ハッキリとは答えられないのですが、症状が軽い場合はすぐに効果がある場合もあります。逆に、2〜3日経って効果が出る場合もあります。ご自身の治癒力が遅く反応して効果が見られます。
はりをして出血や内出血はありますか?
ありません。非常に細いはりを使い、浅い皮膚の表面に接触するだけですので心配ありません。ご安心ください。
はりは癖になると聞いたことがありますが?
癖になることはありません。なぜ何度も通うのかというと、身体がまだまだ治りきってないからです。身体が元の体質に戻れば自然と治療から離れて行きます。
その時の急な症状や悩みが改善されても、根本的には体力も免疫力も戻ってはいない状態なので、継続することが望ましいです。はりをしてもまた症状が現れるということは、まだ身体が底から良い状況には至っていないということだからです。
月に1回のペースでも治療を行い、『気』のバランスを整えることで、身体が本来もっている力を向上させることができます。やはりご自身のお身体をメンテナンスすることは重要ですので、以前抱えていた症状がなくなっても、定期的に治療にいらっしゃることをおすすめしています。
はりをしてはいけない時はありますか?
基本的にありませんが、飲酒している場合は本来の脈が見にくくなりますので治療ができません。
深く刺して欲しい時は?
基本的に深いはりはしていません。お身体の表面の『気』を整える治療ですので、そういった要望があっても引き受けることはできませんのでご了承ください。
金属アレルギーの場合は治療できますか?
はりは銀とステンレスのものを使用します。金属アレルギーの検査で銀とステンレスに反応がある方は治療はできない可能性があります。
妊娠中でも治療はできますか?
もちろん大丈夫です。妊娠2カ月からでも治療いたします。5カ月までは本当にごくごく浅い低刺激の治療ですので、安心して受けていただけます。つわりなどに効果があります。5カ月以降は安産灸もできますし、通常の治療が始められます。
生理中でも治療はできますか?
はい、問題はありません。むしろ、痛む時に治療をしますと緩和が見込めます。また、生理痛の痛みがある方は、治療を継続をしてお身体を整えていくことで、お薬の服用が減ったりととても良い効果が出て来ます。その他の症状であっても、生理中の時も治療は可能です。
ストレスや鬱症でも大丈夫?
虚弱体質の方やお身体の倦怠感がひどい場合は、初めは低刺激な治療で時間もかけません。急に気持ち悪くなったりお腹が痛くなったりする場合がありますので、様子を見て治療を進めていきます。今まで、そういった症状になった方はいられないのでご安心ください。
よく治療後に痛みが出たり、だるくなるって聞くけど?
そういった反応はないように努めています。好転反応といって、ご自身の治ろうとする力が急に動き始めて起こります。良い反応でもありますが、患者様の様子を見ながら治療を進めて行きますのでご安心ください。
副作用はあるの?
はりはお薬ではありませんので、副作用は一切ありません。ご安心ください。

受診・料金について

どのくらいのペースで通うのが良いのでしょうか?
当治療室では、治療の最後におひとりおひとりの治療方針をお話しています。今、どんな状態なのかをお話し、次は1週間後の場合もあれば、急に腰を痛めた時などは次の日という場合もあります。
ずっと抱えてきた慢性的な症状の場合は、長期の治療をお勧めしています。
どんな服装で行けばよいですか?
当治療室では、治療の際にショーツの上から履いていただくショートパンツを用意しています。基本的には、上は背中もしっかりと診させていただきたいので、下着のみになっていただいています。抵抗がある方は、治療着もご用意していますので遠慮なくおっしゃってください。
健康保険は使えますか?
当治療室では、健康保険は使えません。ご了承ください。
75歳以上で大和市に住民登録のある方は、大和市が助成券を発行しています。大和市の保険福祉センター内の高齢福祉課(046-260-5611)にお問い合わせください。
足が不自由で行かれない場合は、往診をしていますか?
お問い合わせ、またはお電話でお話を聞かせてください。できる限り対応させていただいております。その場合は、距離によって出張料をいただいています。ご理解をお願いいたします。
曜日や時間の変更はどうしたら良いですか?
治療の日まで時間がある場合は、お問い合わせメールからでも結構ですし、電話でも構いません。当日の変更は、その時に空いているお時間があれば対応いたしますが、対応できないこともございますので、ご理解をお願いします。
当日のキャンセルはキャンセル料金が掛りますか?
かかりません。ですが、前日までにご連絡をお願いします。その時間に来たい患者様がいらっしゃる場合もあります。当日、体調が悪くて行かれない場合や急用の場合は、必ずお電話で連絡をお願いいたします。

美容はりについて

美容はりは痛い?
いえ、痛みは感じません。美容はりで使用するものも1番細いはりです。10本程度お肌にトントンと入れますが、本当にはりをしているのか分からないと言われます。ご安心ください。
お顔にするお灸は怖いのですが…。
初めての方はどんな感じかと不安になるかと思います。お灸は小指の先くらいのお灸をお顔のシミの部分に置き、ほんわか温かいくらいです。抵抗がある方は中止しますのでおっしゃってください。非常に気持ちが良いと好評です♪
美容はりをする時は化粧して行って良いの?
お肌の色やつや、シミや吹き出物も診させていただきますので、できるだけ薄めのお化粧でいらしてください。

こどもについて

治療時間はどのくらいでしょうか?
生後2カ月から幼稚園児は5分もかかりません。小学生は10分くらい、中学生は15分くらいで終わります。
風邪を引いても治療は可能ですか?
風邪の時こそ、小児はりは良いです。お薬を使わずに熱も下がりますし、咳も抑えられます。
保護者が治療したいという場合、こどもはどうしたら良いでしょうか?
年齢にもよりますが、3歳くらいになると待っていられるお子さんが多いです。治療室のカーテンは開けていますので、いつでもお母さんのお顔を見に来れます。臨機応変に対応させていただいていますが、私が抱っこをして治療をしたこともありますし、お母さんのお隣に一緒に寝て治療をしたこともあります。
洋服はどこまで脱ぎますか?
小さなお子さんの場合、下着のみ(おむつまたはパンツだけ)になっていただきます。小学生・中学生も、基本的には下着のみで治療をします。短パンは用意していますので、お子さんに聞きながら治療に入ります。
幼稚園に行く前にはりをしても良い?
もちろん大丈夫です。お子さんに好転反応は出ないことが多いので安心していらしてください。体調によっては、お休みしてもらうこともあります。
兄弟一緒に診てもらえますか?
予約を取る際にお話ください。私の方で時間を調整いたします。
泣いてしまって治療にならない場合は?
ほぼ泣かれますが、時間が経つと心を許してくれるお子さんがほとんどです。無理にはりをしようとせず、時間の許す限りゆっくりと仲良くなれるように努めています。
お母さんのお膝の上で治療ができますのでご安心ください。
治療のペースは?
夜泣きがひどい場合は2〜3日後に来てもらっています。またその時の様子次第で次のご相談をします。慢性化している症状の場合は長期的にかかることもあります。問診の際にお話させてください。
小児はりは本当に痛くないの?
はい。痛みはありません。刺すはりではなく、先の丸いはりを使う気持ちの良い治療です。皮膚をなでたり、トントンして背中が張っていれば緩めます。
痛くて、泣く子は今までいませんので、ご安心ください。
お灸をする場合はありますか?
場合によってはあります。しかし、お線香に火をつけて肌に触れずに近づけるだけのお灸です。このお灸はお子さんも気持ちが良いようで、お灸をするとピタッと泣きやむお子さんもいるくらいです。