☆日記☆私も今は患者のひとりです。6/11

こうして、産休育休に入らせていただいている間、実は私も患者の一人になっています!初期の出血トラブルや頸管の手術の後から私も鍼灸治療を受けているんです。普段は自分が治療する側で完全に患者さん側になるなんて思ってもいなかった、妊娠9ヶ月になるまで元気に過ごせているんだと改めて鍼灸治療が素晴らしいと感じました。

妊婦さんや逆子ちゃんの治療で治療をさせていただいていますが、やはりその時の1回2回の治療では意味がないとは言えませんが継続することの意味を改めて知りました。私は週に1度治療を受けていますが、自分の身体もその1週間で変わるし天候や気温、湿度の変化で脈も気の流れ方も変わっています。その時の自分の感情や抱える症状も違う中で、はりの仕方も変わってくるんですね。

妊娠は病気ではないと昔から言われています。病気ではないので、呼吸の苦しさや腰の重たさ、つわりなど仕方ない症状はあるとしてもお腹の冷えやむくみなど身体の血流などの流れや気血の流れが整う事で穏やかな妊娠期が過ごせることを私の身体をもって今を心地の良い状態でいられます。継続してきた結果、驚くほどむくみがありませんし、多胎妊娠のお母さんたちのブログを読んでますがその方たちよりお腹の張り方や、呼吸のしやすさ、感情のコントロールなどが違うなぁと思います。私が心配していた切迫早産もなく今まで順調なんです。もちろん気を付けてない訳ではありませんよ!

お買い物はネットショップスーパーにお世話になってるし、車の運転も苦しのでしていません。お腹が重たいのでテキパキ動きこともできません。動けば呼吸が上がるし、横になればお腹が大きいので胃を圧迫し食べたものが上がってきますので寝てもいられないのですが多胎妊娠のある程度のしんどさはあります。治療をするとお腹の2人の動きが良くなるんですよ♪窮屈ながらもきっと気持ちいいんだと思います。なぜなら私も気持ち良いからです♪

お産まで約1か月。はりきゅう治療にお世話になって私の身体の負担を減らして、3人で最後までトラブルなく無事に退院する事を目標に☆まだまだ伝えたいことがあるので、次回に♪

 

LINEで送る
Pocket

コメント

  1. 笠井ちはる より:

    ご無沙汰しております。お体安定されているようで何よりです。
    私は北里大学病院神経耳科に入院検査を経て、リハビリしながら通院してますが、なかなかこの揺れは手強くて…辛いです。先生がご出産され落ち着かれたら、是非よろしくお願いいたします。
    それでは、ご無事にご出産されますよう、お祈りいたしております。

    • 沙代子 より:

      笠井さん☆メッセージありがとうございます。北里に通院されてるんですね。私の復帰を待っていただいてることに感謝致します。笠井さんも、無理のないように
      今年の気候も良くないので、体調を崩しやすいかと思います。気を付けてくださいね。

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※日本語が含まれない投稿はできませんのでご注意ください。